FAQ(質問)

ゲームプログラムスクールFAQ

他教室では「プログラミンやスクラッチ」といった子供向け簡易プログラミングツールを使っているところが多いですが、本校では業務(ゲーム会社含む全産業)でも使う「Java」言語を主に教えています。
 「Java」言語ではキーボード操作でアルファベット入力し、命令を一つずつ順を追って積み重ねますので、コンピュータの動作手順がよく分かり、意欲に応じたプログラミングの真の理解ができます。
一斉授業ではなく、各生徒が決められた課題の中から、自由な時間配分でその日に進めたい内容を各自が講師と相談しながら進めます。生徒が次のレベルへ進むためには、最低限クリアすべき課題が決まっていますので、好きな事ばかりでもダメですし、進度が遅すぎるのもダメですので随時講師のチェック、アドバイスを行います。
 最初は課題を理解するために講師が付きっきりになりがちですが、慣れれば必要な時に講師のアドバイスを受け自分で課題を進められるようになります。自宅でもできる内容はご家族も見守って行っていただければ、さらに進度を進め、楽しみが増すことでしょう。
最初はキーボード練習をしながら、ゲームの1アクションごと入力するとキャラクタがすぐに動きますので、楽しみながら進められます。
 キーボードには大文字しか書かれていないので、小文字や英語、また英単語の理解にもなると保護者の方からも喜ばれています。また新たに幼稚園児の受け入れも始めましたので、誰にでも分かり楽しく学べる仕組みがさらに進められると考えています。
 子どもの理解力は早いので週を追うごとにできることが増えて、きっと驚かれると思いますよ。
「プログラミンやスクラッチ」といった子供向け簡易プログラミングツールは小学生向けに作られていますので、できることが限られ理解が進むほど物足りなくなるようです。そのためその先に結局「JavaScriptやPHP、HTML」等の簡易プログラム言語教育を準備している教室がほとんどです。
 当スクールの「Java」言語は高機能で業務のあらゆる分野(サーバ、パソコン、ゲーム、スマートフォン、マイコン等)で使われるほど人気と需要がありますので、お子様のアイデアを必ず実現できると思いますよ。
現代日本では、基幹産業である物づくりがうまくいかず世界で売れない現実*1があります。なぜなら使い勝手を左右する「ソフトウエア」分野の人材が少なく、性能が劣る外国製品に駆逐されていく状況にあります。
これからプログラムを使っていない製品・サービスは、無くなっていきますので全員に最低限の知識が必要になると考えています。また今後プログラミング教育が進んだ外国人に職を奪われることも懸念されます。現在既に「デジタル・デバイド(情報格差)」による貧富の差、孤立化、人材・技術の流出は世界的にも問題になっています。
さらにプログラミングから学べる論理的な考え方によって、世界で多くの起業家が世界的企業を大成功へと導いています。
*1 国内トップのトヨタ自動車の世界時価総額は44位(2018年)で、なお下降傾向です。
当スクールでは、プログラム言語の習得自体を目的にしていません。プログラミングは様々な「成功と失敗」を繰り返す事で、自分の発想を具体化し、何ら経済的(物を使わない)・社会的(外の世界に影響を与えない)・倫理的(誰にも迷惑をかけない)損失をせずに学べる優れたメディアといえます。
 現在ネット検索ですぐに答えが分かるようになり、従来の「正解を言い当てる教育」が全く無意味になってきました。また身の回りにはコンピュータ制御(マイコン含め)が当たり前になり、他人以上にコンピュータを使いこなせることが、かつての「ワード・エクセル」のように必須になりました。
 お子さんが社会人になるころには、現在の何百倍も高性能化したコンピュータを使いこなし、世界中の知識や情報を集め、自分の仕事を他人と連携し常に作り変える事が必要になるでしょう。その時に十分なプログラミングの経験と知識があれば、どんな職業についてもコンピュータをうまく利用できるはずです。
 プログラミングを学ぶことは、誰も経験した事がない未来のための準備と考えています。
スマートフォン全盛の現在は大学生も含め、キーボード入力ができずパソコンの知識も乏しい方が増えています。それで最近の新入社員にパソコンの日常業務ができない方が増え、業務が滞っているとの報道もありました。
 本校のプログラム作成は全てキーボード入力をしますので、生徒はアルファベット大文字小文字に加え、よく使う特殊文字([]大かっこ、{}中かっこ、*アスタリスク、;セミコロン等)も十分練習し、すぐに覚えます。試験や業務の中では、文字入力時間が短いほど「考える時間が増える」ので、より深い内容が作れると言えます。
 新学習指導要領ではキーボード入力のプログラム学習は中学校からですので、当初の大混乱が予想され、プログラム本体への進度・理解はかなり遅れると思われます。
ゲームプログラムは数値計算、画像処理、座標管理、オンライン、外部装置の利用など、プログラムができるあらゆる処理を使いますのでゲームプログラムができれば一般の事務処理プログラムなども理解・作成できるようになります。
 授業の理解が進めば、興味を持った分野をさらに深く学び特化できればなおよいと思います。
複数のご父兄から幼稚園園児入学のご希望が出ましたので、数名受け入れることを決めました。当面は年長組からお受けし、誰にでも分かる授業・教材を練り直していきます。
 当スクールでのご様子や問題点などあればホームページでも公開し、より分かりやすい授業運営に活かしていきたいと考えています。
とりあえず始めておきたい方、お子さんがどれ位できるか経験したい方、他の塾等と併用したい方などに最適です。内容は他コースと同じですが、進度が遅く、前回の内容を忘れてしまうことが心配されます。
 アルファベット・ローマ字を覚えたり、キーボード練習や自作のゲームアイデアを考えるなど、ご家庭でも事前の準備があれば授業はスムーズに進みます
 どのコースも月途中からの変更ができます。お子さんの様子を見ながら相談されるといいですよ。
ベーシックコースは最初に選ばれる方が多いです。初めての方が多く、最初のころは何ができるのか分からないので、ゆっくりと進みます。しかしそれぞれの理解度によって、大きく差がついてきます。
 またプログラムの理解は遠浅の海岸のように、少しずつ進みますが、ある日突然霧が晴れたようにパッと分かることが多いです。アドバンスコースは遠浅の期間を約半分に縮められるでしょう。一番理想的なバランスのあるコースと言えます。
 プログラムができればコンピュータでは何でもできますので、授業の楽しさは益々増えるでしょう。お子さんが興味を持ってきたら、アドバンスコースへ移行してもよいと思います。もしくは最初にアドバンスコースで理解を深め、ベーシックコースへ移行すればより深い次元で課題を身に付けられるでしょう。
週3回あれば理解も早く、カリキュラムがどんどん進みできることが増え、お子さんの楽しみも倍増すると思います。また本来の課題以外にも興味を持った物の作成や、新たに学びたいことのフォローもいたします。
 さらにご希望があれば、コンピュータの各種検定、国家試験のご指導もいたします。資格取得があれば、入学試験や入社試験で有利に取り扱われます。小学生でも「基本情報技術者試験」の取得事例がありますので、十分可能性はあります。