これからの時代に子どもが身につけるべき力とは、何でしょうか?

AIロボットの普及現在世界中で開発が盛んに進められている「汎用型AI(人工知能)ロボット」が近い将来「安かろう、まあよかろう」の段階に達したとき、あらゆる職業が人間に取って代わります
 そのとき、人間は創造性を求められる分野で力を発揮して生き残らなければなりません。「今の子どもたちの65%は大学卒業時には、現在存在しない仕事に就くだろう」と米研究者が語りました。近い将来どんな仕事でもコンピュータ使用が当たり前となり、プログラム言語を学ぶことで身につくプログラム的思考法はどんな業種でも要求され、職業選択の幅が大幅に広がり夢をかなえる近道になることでしょう。
 プログラム言語を一つ習得すると、英語等会話と同様他の言語もすぐに理解できます。これは英語や中国語のように、言語を学ぶことは文化を学ぶことであり、発想や人脈、会話の幅が大きく広がり、成功に近づくといえます。
 世界では「研修によって所得が平均約570万円も上昇したり、「途上国の子どもたちにプログラミングを教え、貧困から抜け出す」(リンクあり)取り組みが行われ、プログラミング=高収入という認識が一般化しています。

プログラミング教育はなぜ必要でしょうか?

2020年度に小学校でプログラミング授業が義務化。21年度には中学校、22年度には高等学校で義務化されます。
 小学校のプログラミング教育は
1.プログラミングという教科が作られるわけではない
 教科書も評価もありませんが、どの教科でどれ位の時間数行うかは、各学校が判断します
2.プログラム言語は教えない
 各教科の知識や技能を補助するために使われるので、プログラムの知識は付きません
3.毎回パソコンやタブレットを使わない
 実は機械が足りず、紙や鉛筆、体を動かしたりの教材を使います
 詳しく知りたい方は、文部科学省の公式動画をご覧ください↓ https://www.youtube.com/watch?v=_fW3iB_1XgM

 福岡県は小中学校でのパソコン普及率が全国でもワースト4位(7.8人/1台)で、今後も増設のめどが立っていません。OECD(経済協力開発機構)の国際調査でも47カ国中40位以下と最低水準で、触れる機会さえ少ないという現状で将来が心配です。

 現在でもすでにプログラム制作実績を入試で選抜基準に加えている学校が増えており、今後より一般化・高度化していくでしょう。
 高校では22年度に、共通必履修科目としてプログラミングを含む「情報Ⅰ」を新設することが決まっています。また24年度には、大学入試センター試験に替わる「大学入学共通テスト」に「情報Ⅰ」が国語や数学のような基礎的科目として導入が決定。いずれ全員が、国公立大学・高校などを受験するうえでプログラミングの知識が欠かせなくなります。

 プログラム教育が義務化され、プログラム知識が一般的になれば、学ばなくてよいのは「特別な才能」のある子だけといえます。
 新卒ITエンジニア職に500万円以上を提示したり、社員研修を行う企業が増えるなど、プログラミングが社会的成功・高収入につながりやすい道が開いています。

プログラミング思考法で「問題解決能力」が身につきます

自分がどう行動すべきか「論理的思考」でトラブルが減ります

「自主的に学ぶ力」がつき、対応力がつきます

自分で考える範囲が広がり「想像力」が養われます

課題や解決したいことを「テクノロジー」で実現できます

AI大量失業時代が到来し、日本の職場が自動化されます

AIを使いこなせる知識が生き残れる社員の条件に

世界でプログラミング教育はすでに義務化し、外国人に競り負ける事も

有名なムーアの法則で10年後コンピュータは100倍の性能になります

自動運転、仮想通貨、CG、VR…応用分野は無限で世の中の仕組みが変わります

日本の高度技術者待遇が世界基準の年収1億円と奪い合いが加速中

超エリート、文系社員も全ての人の必須教養に

情報リテラシーの低さは無用なトラブルに巻き込まれます

 ●小中学校教育に、主体的に考える力「アクティブラーニング」を導入
 ●高校入試・大学入学共通テストにプログラムを導入
 ●大学入学試験では思考力を問われる記述式に変革
 ●AO入試をはじめプログラムを重視する学校が急増中
 ●プログラミングはとてもクリエイティブな行為で、常に考えることが身に付きます。
 ●緻密に論理を組み立てて想像力、問題解決力が得意となります。
 ●プログラミング的思考はどんな職業でも、目の前の出来事や問題点を、筋道を立てて理解でき、スムーズに進められます。
 ●インターネットや実社会の新しい仕組みはほとんどがプログラムなので、置いてけぼりにされないためにプログラミングスキルが不可欠。
 ●「知らなかった、気づかなった」では済まされない時代が来ています。情報リテラシー(情報活用力)が低いとトラブルに巻き込まれます。
 ●2030年には日本で約79万人という深刻なIT人材不足が予測され、プログラマーやSEに加えIT関係の仕事も選択肢に増えます。
 ●プログラムは世界共通なので、海外も含めて在宅勤務やリモートワークなど仕事場を選ばず、好きな時間、場所で仕事ができます。
 ●現代は第4次産業革命を迎えていて、これらを支えるプログラムが得意ならば高収入が得られます。

今、何を学ぶべきか?