何を学ぶべきか?

これからの時代に子どもが身につけるべき力とは、何でしょうか?

 文部科学省のいうプログラミング教育によって得られる「論理的思考力」を、私たちは「合理的判断力」と読み替えています。
 プログラミングの答えはいくつもあり、かなり無駄な作り方をしても何とか動きます。しかしその中でも「機能に加え、動作速度、製作日数や製作費・維持費、汎用性、新発想、新技術への対応、過去の資産の継続性」など様々な要素を検討し、プロは最善と思われるプログラムを作成しています。ですから、プログラマは日々的確な判断と明確な説明を求められるため、「合理的判断と決断力」を下せる方が多いです。
 お子さんがプログラムを作ることで「なぜその作り方をしたのか?」「もっと効率的なやり方がないのか?」などを日々自問自答し、講師や先輩(生徒)と議論し熟考する習慣がつきますので、将来様々な問題にぶち当たった時に「解決策を考え最善策へ導く力」になると確信しています。これが「生きる力」の一助になるのではないでしょうか。
 また知識や技術を吸収しやすい子どものうちにプログラムを学ぶことで、物を作ることの楽しさ、主体的にアイデアを考える自主性、実現させる計画性、トライ&エラーによる粘り強さ、社交性や表現力などが身につき、将来の進学や就職にも有利に働き、革命的な社会変化に伴い職業選択の幅が大幅に広がるため夢をかなえる近道になることでしょう。

 
考える力、読む力が重要

主体的に考える力アクティブラーニングの導入 大学入学共通テストにプログラムを導入
2020年度に小学校でプログラムが必須化 大学入学試験では思考力を問われる
今、何を学ぶべきか? 仕事を取り巻く環境は大きく変わる
入試でプログラムを重視する学校が急増

? アジア、先進国からも遅れたプログラム教育

AIやロボットで代替され働く機会を失う恐れ あらゆる業界で不足のIT人材はモテモテ あなたも
今から
「プログラミング」
を学びましょう!