何を学ぶべきか?

これからの時代に子どもが身につけるべき力とは、何でしょうか?

今後10年以内にAI(人工知能)やロボットに仕事が替わられるとすれば、人間は創造性を求められる分野で力を発揮して生き残らなければいけません。今の子どもたちが社会に出るころには、プログラミングが当たり前のビジネススキルとなっていることは間違いありません。
 ●プログラミングはとてもクリエイティブな行為で、常に考えることが身に付きます。
 ●また緻密に論理を組み立ってていく論理的な思考が得意となります。
 ●論理的思考はどんな仕事についても、目の前の出来事や問題点を、筋道を立てて理解できるので、スムーズに進められます。
 ●インターネット上で行われていること全てがプログラムなので、新しい仕組みに置いてけぼりにされないためにプログラミングスキルが不可欠
 ●「知らなかった、気づかなった」では済まされない時代が来ています。情報リテラシーが低いとトラブルに巻き込まれます。
 ●2030年には約60万人という深刻なIT人材不足に直面すると予測されていますから、もちろんプログラマーやSEといったIT関係の仕事も選択肢に増えます。
 ●プログラムは世界共通ですから、海外も含めて在宅勤務やリモートワークなど仕事場を選ばず、好きな時間、場所で仕事ができます。
 ●現代社会は第4次産業革命を迎えていて、これらを支えるのは全てプログラムで得意ならば高収入が得られます。

 
考える力、読む力が重要

主体的に考える力アクティブラーニングの導入 大学入学共通テストにプログラムを導入
2020年度に小学校でプログラムが必須化 大学入学試験では思考力を問われる
今、何を学ぶべきか? 仕事を取り巻く環境は大きく変わる
入試でプログラムを重視する学校が急増

? アジア、先進国からも遅れたプログラム教育

AIやロボットで代替され働く機会を失う恐れ あらゆる業界で不足のIT人材はモテモテ あなたも
今から
「プログラミング」
を学びましょう!